Blog

ヒプノセラピーサロンフェイス / スクールのブログです。
Written by 藤井裕子

ブログ一覧

引き寄せの法則がぴんと来ない人には

引き寄せの法則がぴんと来ない人には


引き寄せの法則、理解はできるけれどそれが本当に起きるのか納得はできないという人に、今日はちょっと別の角度からご紹介します。



アメリカの社会学者W.I.トーマスは、「人がある状況を『現実』として定義すれば、結果的にそれが本人の現実となる」と唱えた最初の人物です。
最もな論理ですよね。子育てに追われていて自分の時間がまるでないことを「不幸だ」と定義している人は実際に不幸だと感じ、それが現実です。全く同じ状況でも「楽しくて幸せだ」と定義している人は、楽しさと幸せを感じ、それが現実となっています。



また、コロンビア大学社会学教授R.K.マートンは「自己完結的な予言」を唱えました。これは、ある出来事を予測すると、そのできごとへの期待が私たちのふるまいを変える。つまり、その出来事が起きやすくなるような行動をとるというものです。例えば、イベントで出会いがあるかもしれないと思っている人は、メイクやドレスアップをし、自分の魅力をアピールします。自分の魅力をアピールする準備をしなかった時に比べて魅力が増し、素敵な相手と出会う確率はアップします。



潜在意識を使っているという点では同じです。「引き寄せの法則が働くから…」で納得できない時には、2人の社会学者の論理を当てはめてみると良いですね。



ヒプノセラピーサロンフェイス 藤井裕子



●「毎日が楽しい」に切り替わる無料メルマガ Faithful
https://www.mag2.com/m/0001086903

●記事一覧はこちらからお読みいただけます




2020年12月21日

結婚したいのに真剣な関係になるとダメになってしまうというお悩み

恋愛はできるのに

「異性とのお付き合いは下手な方ではないと思います。彼氏ができるとある程度は長く続き、良いところまで行くのですが、結婚話になったりすると途端に色々な問題が出てきてうまくいかなくなってしまいます。前の彼とも婚約破棄になりました。」
とご相談のクライアント様のセッションでした。




「自分の自信のなさが影響しているのではないかと思います。」
一番長く続いた彼との関係性も影響しているかもしれない、とお話を始められました。


好きすぎて彼の言葉を鵜呑みに

「大学から続いていた彼とは長い付き合いで、もともと彼が先輩、私が後輩で、私が彼のことを大好きでお付き合いが始まりました。今考えれば、すごく身勝手な人でした。私は彼のことが好きすぎて何でも許していたし、何でも言うことを聞いてあげていました。彼は少しでも気に入らないことがあると怒鳴るし、俺に捨てられたら誰ももらってくれる人はいないみたいな酷い言葉も平気で言う人で、私もなぜか鵜呑みにしていた気がします。
ずるずると付き合っていましたが、このままではいけないと私から別れました。



その後しばらくして他の人とお付き合いしましたが、結婚を意識して踏み込んだ関係になってくると、今までのように素直な自分ではいられなくなって、相手のことも信じられなくなったり、私自身もこんな私なんかと自信がなくなってしまってしまったりして、自分で幸せな状況を壊してしまっている気がします。



退行で出てきたシーンは

恋愛、結婚に関するトラウマを解決したい、とのことで、この日は退行のセッションでした。
出てきたのは、長く続いた彼との一シーンでした。
「彼がいつものように私に暴言をはいています。私は彼との関係を真剣に考えていたけれど、彼は私のことを下にしかみていないと、ふとこの日に思ったんです。口答えした私を彼はすごい剣幕で罵倒しています。
この時、私はすごく傷ついて、自分の価値を疑ってしまいました。でも、今日改めて見てみると、この時にちゃんと自分の価値に気付いて、彼と決別できた瞬間でもあったんです。
今まで、昔の彼から言われたことや関係性がトラウマだからうまくいかないと思っていたけれど、それは逃げでしかなくて、ずっとこの時のことが気になっていたのは、ちゃんと自分の人生を歩む決意をしたいのに自信が持てなくて何となくそのままでいたからだと気付きました。」



トラウマと向き合って解決したいと体験した退行セッションでしたが、過去に区切りをつけ、歩み出したセッションとなりました。


*プライバシー保護のため、脚色しています。
メニューでは、退行(トラウマ解決)または、月1エステセラピーでご対応しています。


ヒプノセラピーサロンフェイス 藤井裕子



●「毎日が楽しい」に切り替わる無料メルマガ Faithful
https://www.mag2.com/m/0001086903

●記事一覧はこちらからお読みいただけます

2020年12月07日

記憶を潜在意識に鮮明に刻み付ける方法

記憶を潜在意識に鮮明に刻み付けるちょっとしたコツ

いつも読んでいる英語のメルマガの著者さんも、「潜在意識を活用しています」と書いていたり、最近、潜在意識を活用しているというお話をよく聞きます。



潜在意識にストンと入れる簡単な方法は、「印象的なイメージである」ことです。



よく、歴史の年号を覚えるのに語呂合わせをして覚えたりしますよね。それに似ています。私は「イチゴパンツの信長さん」で本能寺を覚えましたが、イチゴパンツをはいている信長のイメージが強烈で、何年経っても忘れません。



普段での活用法


例えば営業職で、人の顔やその人のことを覚えておかなければならない時には、「女優の○○がテニスをしている」のように、もともと覚えている有名人と相手の趣味を合わせてイメージしてみましょう。



また、英語の勉強をしている時に、英単語をイメージしながら覚える本を読んだことがあるのですが、保管などを意味する「archive アーカイブ」には、豚(ブー)が文書を整理している絵が載っていました。こじつけなイメージの単語も多かったですが、思い出す効果は抜群でした。



潜在意識のことを知るだけで、活用度はアップ!
ヒプノセラピスト養成講座は、セラピストになりたい方だけではなく、潜在意識を自分のために活用したい方にもお勧めです。




ヒプノセラピーサロンフェイス 藤井裕子



●「毎日が楽しい」に切り替わる無料メルマガ Faithful
https://www.mag2.com/m/0001086903

記事一覧はこちらからお読みいただけます

2020年11月26日

<前世のお話>使命を知るために体験した前世は遠い昔の過去生だった

使命が知りたいのです

「好きで選んだ仕事だけれども、あまりに試練が多すぎて、私がいるべき場所ではないのではと感じることがあります。自分の使命を知りたいです。」
と前世療法でご来店されたクライアント様のセッションでした。



出てきたのは、はるか昔。



「ここはギリシアかもしれません。古い時代なのに、進んでいて、優れた技術者などその道の専門の人がたくさんいます。
私は技術者の一人です。遅れた村を任され、開拓の指示をしています。
変化を好まない村人たちには、侵略者のような目を向けられ反発されています。
そのような中で村人をまとめながら、何も知らない人に作業を教え、一つずつ作り上げていく気が遠くなる仕事です。
最初は反発していた人たちも、一つ完成する度に、少しずつ自分たちの生活が楽になっていくことを実感し、ついてきてくれるようになりました。
何年もかかって、ようやく形になってきた時、信念を持って着実に歩み続け実を結ぶことの達成感と高揚感を感じています。
自分の得意なことで突き進むことは、私の道なのです。」



前世療法体験後のご感想をシェアくださいました

何だかすごく不思議な感じで、ボーっとしています。
でも、心はすごく落ち着いているような…



私が見た前世は本当にすごく昔のような気がします。
何もないところで全てを作っていく、そしてそれはすごく達成感のあるものです。
今の人生に近しい部分が多くあり、涙が溢れそうになる体験でした。
前世を体験したことで、これからHappyになり続けたいと思いました。



この内容には:前世療法→




ヒプノセラピーサロンフェイス 藤井裕子



●「毎日が楽しい」に切り替わる無料メルマガ Faithful
https://www.mag2.com/m/0001086903

記事一覧はこちらからお読みいただけます


2020年11月05日

<前世のお話>自分の人生を見つめたいと前世療法をお受けになった、お医者様の前世

様々なグループに所属する自分が果たす役割とは

「医師として働く自分、家族の一員としての自分、様々なグループに所属していてそれぞれの場所で自分しかできない役割って何だろうと考えることがあります。前世を通して見つけられたらと思います。」
と前世療法のセッションにお越しくださいました。



『今の自分に一番関わりが深い前世』というテーマでの前世療法体験となりました。



出てきたのは昔のヨーロッパの片田舎での生活、のどかな自然溢れる場所で、家族や近所の人と密に関わりながら生活をしていました。
日々の目まぐるしい変化とは無縁の場所で、同じ人間関係、同じ仕事、同じ風景の中で、時間がのんびりと過ぎていきます。



人々の日常生活から生まれる小さな出来事を愛おしく感じながら生活ができていました。
仕事の後の仲間との会話、井戸端会議、美味しいものを食べたこと、子どもの成長といった日常をしっかり感じながら、前世では生きていることを常に実感していました。




ご体験後のメッセージから(掲載許可をいただきました)

「とても不思議な体験でした。
全く想像もしていなかった時代や家族との関わりや風景を感じることができました。
愛することができなかった人々も含めて、自分のもう一つ別の人生を愛おしく感じると同時に、『ここにいることの意味』をちゃんと感じられている自分にびっくりしました。
答えは追求するものではなく、ここにしっかりいることで見つかるものなのだと気付きました。
セッション後の夢や色々な出来事を通して、今回みた前世の出来事の理解を深めていけたらいいなと思っています。
どうもありがとうございました。」



この内容には:前世療法



ヒプノセラピーサロンフェイス 藤井裕子



●「毎日が楽しい」に切り替わる無料メルマガ Faithful
https://www.mag2.com/m/0001086903

記事一覧はこちらからお読みいただけます


2020年10月14日
» 続きを読む